美容院で上手く希望を伝えるためには

>

なりたいイメージを決めるには

イメージといっても人それぞれ、思い描くものは微妙にズレがあると思います。「かわいい」イメージでといっても、「可憐」な感じなのか「キュート」なかわいさなのか、一つの言葉でははっきりしません。
そこで、3つくらいキーワードを決めて行くと良いでしょう。「かわいい」「上品」「ふんわり」など重ね合わせるとイメージがわきやすいのではないでしょうか。色をキーワードにするのもいいかも知れません。それも「ピンク」だったら、「パステルピンク」、「ショッキングピンク」、「ペールピンク」などなるべくわかりやすく、美容師さんとイメージを共有できるようにします。そのうえで希望の長さなど相談すると、美容師さんもアドバイスしやすいでしょう。

イメージが決まらないという時は

キーワードがなかなか決まらない。イメージと言われても…。という方は、自分の好きな有名人やモデルのイメージを伝えてみるのもいい方法です。「○○さんみたいな雰囲気が好きなんです」というだけでもヒントになるでしょう。もし、顔型などの関係で、そのままの髪型に出来なくても、イメージに合った髪型やカラーができますね。
そして、自分がどんなふうに見られたいか、「大人っぽく」「ナチュラルに」「やさしく」「仕事ができそう」などをキーワードにしてみるのも、イメージのヒントになるので良いでしょう。
反対に、「あんまり意思が強そうなのはちょっと…」「真面目すぎないように」などとしたくないイメージも伝えておくといいかも知れません。


美容師さんに好みを伝える

この記事をシェアする