美容院で上手く希望を伝えるためには

美容院で希望の髪型を上手に伝える方法

美容師さんに好みを伝える

美容院に行くとき、どんな服装やメイクで行きますか?自分のなりたいイメージや、好きなイメージのファッションやメイクで行くと、美容師さんにも「なりたいイメージ」が伝わりやすいですね。服装やメイクのほかに、イメージを伝えるためにはどうしたらいいでしょうか。

写真や画像なら具体的で伝わりやすい

美容師さんとイメージを共有するために、分かりやすいのは写真や画像を見せることです。よく言われていることですが、なかなか恥ずかしくてできないという方が多いかも知れません。美容師さんも助かるそうなので、気楽に写真を見せる方法がないか考えていきましょう。

美容院で希望の髪型になるためのポイントをまとめてみました!

美容院でキレイになりたいのは客だけではありません。美容師さんもお客様にキレイにかわいくなって、いい気分で帰って行ってほしいと思っているのです。 美容師さんと十分コミュニケーションをとって、有意義な時間を美容院で過ごせれば、一日楽しい気持ちで過ごせますね。

なりたいイメージを美容師さんと共有する

美容院に行く前には、あれこれ頭の中で「あんなヘアスタイルがいい」「あんなカラー素敵だな」など、思い描いていると思います。でも、いざ美容師さんに「どのようにしますか?」と聞かれると、緊張したり恥ずかしくなったりして、上手くしたい髪型が伝えられなかったりしますね。面倒になって、「お任せします」「大体肩くらいで」というようなアバウトな注文をしてしまう事は、だれでも経験があると思います。
何度も通っていて、美容師さんに自分の好みや髪の悩みなど分かってもらっていれば、これでいいのかも知れませんが、初めての美容院や美容師さんにこそ、自分の希望を伝える必要があります。美容師さんも、情報がないままお任せされ、「イメージと違う」と言われても困るそうです。満足のいくスタイリングをしてもらうために、美容師さんに出来るだけ自分の希望を伝えていきましょう。
そして、自分の理想を伝える事と同時に、美容師さんの意見も聞くと良いでしょう。向こうはプロですから、例えば「前髪は長めの目線ギリギリで」と伝えても、「お客様のお顔だと、もう少し短めもかわいいですよ」などと、髪型もアドバイスしてくれることもあるでしょう。そして、自分の希望と美容師さんのアドバイスをすり合わせていくと、納得できる髪型にたどり着けるかもしれませんね。逆に、「おでこを出すのは絶対イヤ」など、自分のNGのラインを伝えておくのもイメージしやすくていいでしょう。いくら似合っていても、自分が好きな髪型でないとしっくりしませんよね。